Pianist   黒岩 航紀

1992年2月5日神奈川県生まれ。栃木県で育ち現在は千葉県在住。4歳からピアノを始める。小学3年時に師事していた芹沢直美氏の勧めもあり、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校(藝高)への受験を決意。小学6年時より秦はるひ氏に師事。藝高の卒業試験演奏が評価され、2010年に北京中央音楽院、及び上海音楽院での中日青少年交流演奏会出演。東京藝術大学4年時より江口玲氏に師事。2013年第11回東京音楽コンクールピアノ部門第1位、及び聴衆賞受賞。東京藝術大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業。大賀典雄賞、アカンサス音楽賞、安宅賞、同声会賞、三菱地所賞受賞。また大学より選抜派遣され、韓国での韓国藝術総合学校との交流演奏会出演。2015年第19回松方ホール音楽賞受賞(第1位)同年、第84回日本音楽コンクールピアノ部門第1位。2017年第13回ヘイスティングス国際ピアノコンチェルトコンペティション第4位、及びオーケストラ賞受賞。

NHK-FMラジオ「ベスト・オブ・クラシック」や「リサイタル・ノヴァ」に多数回出演。

荒川文吉氏(0b.)、齋藤志野氏(Fl.)との「Trio Explosion」を始め、2013年第8回仙台クラシックフェスティバル(せんくら)では須川展也氏(Sax.)の新曲初演共演者として出演するなど多くの室内楽やアンサンブルピアニストとしても積極的に活動している。

これまでに小林研一郎、高関健、梅田俊明、山下一史、渡邊一正、曽我大介、松尾葉子、原田慶太楼、永峰大輔、横山奏、浅野亮介、Timothy Henty、各氏の指揮により、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、藝大フィルハーモニア管弦楽団、セントラル愛知交響楽団、ロイヤルフィルハーモニックオーケストラ(英国)等と共演。

公益財団法人青山財団奨学生。宗次エンジェル基金/公益社団法人日本演奏連盟新進演奏家国内奨学金制度奨学生。公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生に選ばれている。

2017年、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程修了。同年4月5日フォンテックよりデビューCD「sailing day」リリース。

現在ヤマハWebsite「ピアニストラウンジ」にて「黒岩航紀の音楽の玉手箱」連載中。